2020/4/10

緊急事態宣言に伴う定期券の払い戻しについて

新型コロナウイルス感染症対策のため、令和2年4月10日(金曜日)に愛知県知事による緊急事態宣言が発令されました。これに伴う外出自粛により使わなくなった定期券の払い戻しを以下のとおり行います。

■払戻し取扱い開始日
令和2年4月11日(土曜日)から開始します。
なお、緊急事態措置終了後であっても、当分の間は、令和2年4月10日(金曜日)以降の定期券の最終利用日までさかのぼって払戻しをしますので、すぐに払戻しの手続きを行っていただく必要はありませんから、混雑の回避にご協力をお願いいたします。
取扱いを終了する場合は、別途お知らせします。

■払戻し対象の定期券
リニモで、令和2年4月11日(土曜日)までに購入した定期券(他社線との連絡定期券を含む)
※令和2年4月12日(日曜日)以降に購入された新規定期券及び継続定期券は対象外です。

■払戻し取扱い駅
藤が丘駅・八草駅

■払戻し額
払戻しの申請を行う日にかかわらず、令和2年4月10日(金曜日)以降に定期券を利用された日(最終利用日)を払戻しの申し出日とみなして、払戻し額を計算いたします。(手数料なし)なお、払戻し額がない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

※ご注意ください
・manaca定期券の払い戻しの際は、記名人本人であることが確認できる公的証明書等(運転免許証、学生証、健康保険証など)が必要です。
・manaca定期券の記名人本人以外が代理で払戻しをする場合は、記名人の公的証明書等(写しも可)が必要です。
・manacaのSF(現金)残額のみの払戻しはできません。また、SF(ポイント)は払戻しの対象外です。
・払戻しを行った後で、払戻しを取消すことはできません。

ホームへ先頭へ前へ戻る